完全実力主義で評価も平等

能力の高い人は転職後にすぐに好待遇で働ける

外資系企業は、国内の企業と比較して完全実力主義で評価が平等なところが多くあり、能力の高い人は転職後にすぐに好待遇で働くことが可能です。特に、様々な業界で優秀な成績を上げた人や、コミュニケーション能力に長けた人などは、多くの外資系企業で活躍のチャンスがあるため、積極的に採用試験にチャレンジすることがおすすめです。最近では、女性社員の人材活用を積極的に行っている外資系企業の数も増えており、性別にかかわらずキャリア形成ができる環境が整いつつあります。なお、評価の基準は各企業の方針やそれぞれの職種の事情などによって異なるため、中途採用の選考を受ける前に志望企業で期待される人間像についてきちんと確認することが大事です。

若くして高収入を狙うこともできる

完全実力主義の外資系企業では、20代から30代の若手の社員が活躍しているところも多く、特定の職種のスキルがある人は若くして高収入を狙いやすくなっています。また、転職後の収入ダウンなどのリスクに備えたい場合には、様々な視点で評価をしてくれる企業を転職先の候補に選ぶことが大切です。最近では、直属の上司の評価だけでなく、同僚による評価や自己評価などをもとに昇給や昇格などを決めている外資系企業の数も増えており、転職活動中にじっくりと企業ごとの評価制度の違いを把握しておきましょう。その他、海外勤務のチャンスが多い外資系企業に転職をしたい場合には、海外赴任中の評価のポイントについても押さえておくことが大事です。