福利厚?などでは、?本企業が上の場合も

外資系企業のデメリット

外資系企業とは、外国の資本が入っている企業のことです。給料がよく、実力主義なため年齢に関係なく活躍することができ、評価が平等のことから外資系企業に転職したいという人は多くいます。
しかし、外資系ならではのデメリットも多いため、転職を考える場合にはメリットだけではなくデメリットも理解する必要があります。
特に給与が高いことで見落としがちなのが「福利厚生」です。国内企業では福利厚生が充実していることが多いですが、外資系になると内容が少ないだけではなく、福利厚生自体がない企業もあるのが現状です。
家賃手当や退職手当などもない企業もあるため、転職する場合には福利厚生にもきちんと目を向けて検討することが重要となってきます。

そのほかのデメリットとは

外資系企業は確かに上昇志向があり、上下関係もフラットなど様々なメリットがあります。国内企業だけでは出会えないハイレベルで優秀なメンバーと仕事ができるというのも外資系企業ならではです。 しかし、その分競争が激しく常に成果を出し続けなければならず、上に行くこともできますが、成果が出なければすぐに降格するということも考えられます。 外国人の上司や同僚も多いため相性が合わなければ辛い職場になってしまったり、会社に馴染み辛いこともデメリットになります。 オンオフはしっかりしていますが、プロジェクトによっては長期労働になってしまうこともあり、国内企業よりも解雇について厳しい取り決めがないためリストラされるという可能性もあるということを理解して転職することが大切です。