在宅ワークや資格取得の制度も充実

色々な働き方を選べる外資系企業が増えている

国内外に多くの社員がいる外資系企業の中には、社員の定着率を高めるために、様々な働き方を認めているところが多くあります。最近では、勤続年数が長い人や、特別なスキルを持つ人を対象に、在宅ワークを歓迎している企業が増えています。そうした中、外資系転職に挑戦をするにあたり、志望企業の求職者向けのサイトなどを参考にして、在宅ワークを選択する際の給料や労働時間、評価基準などをしっかりと確認することがおすすめです。また、セキュリティ対策やシステム開発などIT分野の技術に長けた人は、在宅ワークだけでも高収入を得られる可能性があります。そのため、子育てやプライベートの時間を充実させたい場合には、自分に合った働き方を選べる外資系企業を職場の候補に決めることが大事です。

資格取得に向けたサポートがある外資系企業がおすすめ

社員のスキルアップのために資格取得に向けた様々なサポートが行われている外資系企業は、多くの転職希望者の間で人気があります。特に、ビジネスマナーや語学、法律、ITなどの資格試験の受験料や、学習費用の一部を負担してくれる外資系企業は各地で増加傾向にあります。そうした中、短期間で目標とする資格を取得したい場合には、中途採用者の受け入れ態勢が整っている外資系企業の転職求人を日頃からチェックすることがおすすめです。また、難易度の高い資格を取得することで、高額な手当を受け取ることができたり、昇進試験の際に有利に働く外資系企業も珍しくありません。そこで、転職活動に向けて、それぞれの外資系企業で重視されている資格の種類について早期に把握することがポイントです。